トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

荒川市民マラソン2005、サブ4達成記

ちょっと順番とか日時が逆転したり混乱したりするのですが、これだけは
やっぱり自分のBLOGにも残しておきたくて書くことにしました。
平成17年3月20日に開催された荒川市民マラソンの記録です。

この大会で、始めてサブ4(フルマラソン4時間未満で完走)を達成しました。
ネットタイム:3時間51分58秒、グロス3時間58分30秒。
きっと一生思い出に残るであろう、記念すべき大会です。
この記録は、@niftyランニングフォーラムにも一度書き込んだものなのですが、
加筆修正をして、こちらにも残すことにします。

【スタートまで】 
 実は今回は全然フルマラソンの心構えができてなくて、前日は12月から通
っていたキャリア・カウンセラー資格取得の学校の終講日で打ち上げがありました。
自分が幹事だったのですが、結局2次会まで行ってしまい、帰宅は午前様。
帰宅後すぐに布団に潜り込んだのですが、朝起きてみたら既に電車に乗って
いるはずの時間でした。

しかも自分がサケ臭い…「ありゃ2日酔い。こらダメだ。」と思いながらもサクっと支度
をして家を出ました。こんなこともあろうかと、荷物は全て前々日に用意し、目標ラッ
プの表も事前に作ってあったのが救いでした。
2日酔いではきっと脱水症状になると思い、コンビニで買ったドリンクを2リットル摂取、
かつ、お腹が緩くなると思ったので、池袋で一旦電車を降りて駅のトイレでなんとか
大きい方を出して、浮間船渡駅へ到着。
ところが駅の改札が大渋滞。初参加で知らなかったのですが、駅の渋滞は荒川マラ
ソンの名物なのですね。
かなり焦りながら改札を抜け、会場に着いたのはスタート20分前でした。
 当然、仲間のFRUNメンバーを捜す余裕なんかなし。とにかく着替えて、トイレを済ま
し、ストレッチなどして、スタートラインに立ったのが5分前という状態でした。


【スタート〜5キロ】 ラップ:28:25(キロ5:41)
 スタート位置はFブロック、突然「りっきさん」と声をかけられ、気付くとFRUN仲間の
KさんとMさんがすぐ前にいました。軽く挨拶したけど、あまり言葉をかわす間もなく
すぐ号砲。とにかく、レースはあわただしくスタートしました。

 今回は、初フルの時にFRUNの先輩のTさん、Mさんがアドバイスしてくれた
「折り返し時点で1時間53分を目標に。そうすれば帰りはキロ6分でも大丈夫。」を、
忠実に守って走ろうと思いました。具体的にはハーフまではキロ5分20秒で、帰りは
キロ5分30秒で。
これで行けるところまで引っ張る作戦です。くれぐれも最初に突っ込みすぎないように…
と、それだけを肝に銘じて走り始めました。

でも、さすがにマンモス大会荒川だけあり、最初の2キロは12分以上かかり、3キロ目
でやっと5分28秒に。キロ表示が1キロごとなので、とてもリズムが取りやすかったです。
最初のうちは、Kさんとずっと併走。「彼女もサブ4狙いの組み立てなのかな?」と思い
つつ抜いたり抜かれたりしながら走っていきました。

【10キロまで】ラップ:26:04(キロ5:13)、スプリット:0:54:29
 混雑もさすがに緩和、目標ラップよりは少し速めなんだけど、まあ良い調子です。
前日の深酒が心配だったのですが、今のところ影響は全くなし。
水分を大量摂取したのが良かったのでしょうか?
このあたりからでしょうか?
Kさんとはいつのまにかはぐれてしまい、ひとり旅となりました。

【15キロまで】ラップ:26:37(キロ5:19)、スプリット:1:21:06
 快調に走っているはずだったけど、10キロすぎくらいからなんとなく左ハムストリング
に違和感が…12キロ過ぎくらいからはハッキリ痛みに変わってきました。
「こんなに早く、やば〜い。」やっぱり深酒がこんなところで影響出てきたか?
でも、こうなったら行くところまでいくしかない。ペースは崩さずそのまま行きます。
アタマの中では「4度目の挑戦でもまたサブ4逃しか。」「みんなへの言い訳は
どうしよう…」そんなネガティブな思いが駆けめぐります。
「いやいや、このまま行けるところまで行けばいいんだ。」と思い直し、とにかく歩を
前にすすめることに。

ここまで給水は1度だけ。出走前に水分をかなりとったのも幸いして、そんなに欲しくは
ありません。タイムのことを考えると給水ロスはできるだけ抑えたい。青梅マラソンの時
と同じく、給水給食はなるべく抑える作戦です。(もちろん体調と相談しながらだけど。)

【20キロまで】ラップ:26:30(キロ5:18)、スプリット:1:47:36
 足の痛みはかなり激しくなってきました。どこまで持つか、不安の走り…
このあたりから折り返しランナーとのすれ違いが始まります。
青梅マラソンの時、あの折り返しランナーとの挨拶がとても楽しかったので、また大声を
上げて「FRUN頑張れ!!」とすれ違いのメンバーに向かって叫びながら走りました。
 なんか、声を上げていると左足の痛みが紛れる気がしてきたので、途中からは
自分のためにも激励を!
レース後の打ち上げで、Gさんから、「りっきさんの激励が一番大声だったね。」と言われ
ましたが、あれは自分のためでもあったのです。

【25キロまで】ラップ:26:39(キロ5:20)、スプリット:2:14:15
 折り返し地点のラップは、21キロ地点で1時間52分50秒。ほぼ予定通り。サブ4への
道は続いています。勝負は左脚がどこまで持つか…ということになってきました。
帰り道でも、自分の左脚のために、すれ違うFRUNランナーと挨拶。
全員のFRUNランナーとすれ違ってからも、誰もいないのに、一度だけ、自分の足に向
かって「FRUN頑張れ!」と叫んでしまいました。

【30キロまで】ラップ:27:13(キロ5:27)、スプリット:2:41:29
 左脚が痛い。途中のエイドで何度か足に水をかけながら走ります。
本当に、今回はほとんど給水を取ってなくて、10キロ地点と、20キロ地点くらいで取ったきり。
気温があまり高くないからこれで持ったのでしょうが、 その分足に給水してました。
でも、まだキロ5分30秒以内をキープしてます。
そうそう、30キロくらいのエイドで、あんパンをふたつ取りました。あんパンが走行中の補給食
としては私に一番合うのです。
1個は食べて、1個はランシャツとランパンに挟んで後で食べようと…。
ところが35キロ手前で、振動でずり落ちランパンの中、「あそこ」のところで止まりました。
(~へ~;)と悩んだけど、昨日も帰宅が遅く、風呂に入っていなかったので、あんパンは泣く泣く
放棄することに。うーん残念。


【35キロまで】ラップ27:42(キロ5:32)、スプリット:3:09:11
 つくばマラソンの時も、勝田マラソンの時も、35キロ過ぎからガタガタと崩れたので、ここ
からが本当の正念場。でもまだそんなにラップは落ちていないし、本当に本当にサブ4が
狙えそうです。
左脚、なんとか持ってくれ〜と祈るように走ります。
タイム優先だから、荒川マラソン名物のシャーベットはこの際断念してパス。
途中からは「栄光の架橋」を口ずさみながら、一路ゴールへ向かいます。


【40キロまで】ラップ:29:13(キロ5:51)、スプリット:3:38:24
 まだ6分まで落ちてない。このあたりは「6分でも良いんだ。6分でも良いん
だ。」と自分に言い聞かせながら走っていたような気がします。
050320arakawaM_1s

【ゴール】ラップ:13:34(6:11)、ゴールタイム3:51:58
 残り2.195キロはさすがにきつかった。半分泣き顔でしたが、でも、ここまで
来たらもうサブ4は間違いなし。
初マラソンのH15年11月の多摩川ハーフマラソン10キロの部、初フルマラソン
H16年の小笠・掛川で、33キロ過ぎに両足がつり、足を引きずりながら完走した
2度目のフル、つくばで完走後気分が悪くなり吐いた時のこと、そして、1月
の勝田では、2分13秒及ばずサブ4を逃したこと…

いろいろなことを思い出しながら走りました。そして4度目のチャレンジで、よう
やく念願のサブ4を手中に。
ゴールの瞬間は無意識に右手を突き上げガッツポーズを取っていたような気
がします。

10キロ過ぎに左ハムストリングに不安を感じて以降は、ずっとガマンの走り
でしたが、結局なんとか最後まで持ってくれました。
やっぱり、最初に突っ込みすぎずにペースを保ったのが良かったのだと思います。

「折り返しを1時間53分」FRUNの先輩からずっと昔にアドバイスいただいていたのに、
今まで全然守れませんでした。でも、今回やっと最後まで守ることができました。

この間、本当にいろいろな方からアドバイスもいただいて、本当にありがたかった
です。いろいろな人が支えになってくれて、本当に、すごく嬉しかったです。

今回のペース配分を忘れないようにして、次回、4月17日のかすみがうらでも、
連続サブ4と行きたいです。 
応援してくれた方々、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m
(なお、写真は40キロを過ぎた地点のもの。もうヘロヘロの顔をしています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボードを買いました

今週の土曜日、4月2日に、自分が所属しているランニングサークル
(@niftyのランニングフォーラム、「FRUN」。これについてはまた改めて書きます)
の仲間で結婚する方がいて、披露パーティーに呼ばれています。
…というか、参加者募集の呼びかけに自分から名乗り出たんですけどね。

その席で、ひょんなことからピアノ演奏をすることになりました。
ピアノは、40歳の頃になって初めて習い始めて今に至っています。
(これについてもまた後日書きますね。)
そもそものきっかけは、「4月3日に年に一度のピアノ発表会があって、
それに向けて練習中だから、なんなら前日の2日にもご披露しますよ。」
と、軽口をきいてしまったのが発端です。
自分では本当に冗談のつもりで発言したのですが、メンバーからは、
「せっかく練習しているのならば、是非やって!」と言われまして、
結局チャレンジしてみることに…。

そんな、ひとさまにお聞かせするような腕前では全然ないのですが、
こういうのも良い経験かと思い、やってみることにしました。
今日3月31日、あと、2日。ちゃんとできるか、結構ドキドキものです。

ところで肝心のピアノですけど、レンタルショップなどを探したのですが、
意外とレンタル料が高くて手続きが面倒。あれこれ思案した結果、
結局、カシオのLK39という61鍵のキーボードを買ってしまいました。
http://www.casio.co.jp/emi/key_lighting/lk39.html

税込19,700円。オモチャみたいなんだけど、デモ曲やらエフェクト機能
やら、いろいろ機能がついていて、遊んでいると結構楽しい。
昨日は小2の息子(彼も3年くらいピアノを習っている)と、2歳の長女
と、ひとしきり鍵盤叩いて遊んでしまいました。
楽譜が読めなくても、次に弾く鍵盤が光って、それを叩けばちゃんと曲
演奏ができるという優れものなんです。
これが19,700円。結構お買い得感があって、楽しかったです。

音楽が普通に家の中にある家庭だったらいいな〜。と思っています。
別に子供に音楽の世界を目指せとか、歯を食いしばって音楽の勉強を
させようとか、そんな風には思わないけど、家族みんなが音楽好きで、
みんな鼻歌を歌っていて、クリスマス、お正月、ひな祭り、子供の日などに
なんとなく家族みんなで歌を歌って祝えるような家庭…。
自分が音楽とは無縁の中で育てられただけに、そういう家庭にすごく
あこがれていました。

ちょっとそれに近づいたかな。
実は小さいキーボードを購入したのは、それを持って休日にお出かけした
時に、外でみんなで歌いたい…そんな希望もあったからなんです。
きっと今年は実現するでしょう。ちょっとワクワク、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今までの出場レース

今まで、どれくらいレースに出たのか、ちょっと整理してみました。

【平成15年】
 1. H15.11.16 多摩川ハーフマラソン川崎(10キロ)          50:47

【平成16年】
 2. H16.2.1 神奈川マラソン(ハーフ)                 1:45:34
 3. H16.3.7 三浦国際市民マラソン(ハーフ)            1:45:35
 4. H16.3.27 ミニウォーク&ランフォーブレストケア(10キロ)    47:04
 5. H16.4.4 第13回幸手市桜マラソン(10マイル)        1:15:53
 6. H16.4.18 第17回小笠・掛川マラソン(フル) 4:11:38
 7. H16.5.15 4回富士箱根ふれあいスポーツフェスタ(ハーフ) 1:58:13
 8. H16.6.27 ツールド美ヶ原高原自転車レース(ヒルクライム) 1:41:25
 9. H16.11.3 第15回さわやか高原マラソン(ハーフ) 1:42:56
10. H16.11.7     月例湘南マラソン(ハーフ)              1:53:13
11. H16.11.28 第24回つくばマラソン(フル) 4:15:34

【平成17年】
12. H17.1.2      月例湘南マラソン(ハーフ)               1:43:21
13. H17.1.9 第6回谷川真理ハーフマラソン(ハーフ) 1:42:10
14. H17.1.30 第53回勝田全国マラソン(フル) 4:02:13
15. H17.2.20 第39回青梅マラソン(30キロ) 2:45:11
16. H17.3.6 第23回三浦国際市民マラソン(ハーフ) 1:43:26
17. H17.3.20 第8回荒川市民マラソン(フル) 3:51:58


いやはや。なんだかんだでもう17レースも出ているのですね。
上記以外に24時間リレーマラソンに2回出ているので、昨年は走ってばかりいたようなこと
になります。今や走ることって、自分の生活の一部になりつつあるようです。

ちなみに次回は4月17日のかすみがうらマラソン(フル)。
フルマラソンは、前回、3月20日の荒川マラソンでようやくサブ4(4時間未満完走)
を達成したのですが、それがフロックでないことを証明するための重要な大会に
なります。
さてどんな結果になりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

走り始めの頃

ここに、過去の健康診断の記録が残っています。だいたいいつも5〜6月頃、
定期健康診断の季節となります。

身長は170.5センチくらいでずっと変わらないのですが、体重の方は、
36,37歳くらいの頃は、すごかったでしょう。
お酒好き、お肉大好き、スナック菓子とマクドナルドが大好物で、
オマケに平成6年の異動で、ほとんど外出のない事務職になったので、
加速度的に体重が増えてきました。

転機になったのは平成12年、会社の健康管理センターから招集が
あって、個別健康教室を受けたこと。「あなたこのままじゃ、肥満
になりますよ。」というイエローカードをいただきました。

さすがに焦って、まずはプール通いでも始めようかと。
それがそのうちに、プールよりも近い、自宅近所のジム通いに変わって
トレッドミル(ルームランナー)で走るようになって、そのうちジム以外でも
走りたくなって自宅周辺をジョギングするようになりました。


【年と年齢】 【体重】 【BMI】
H 7年(34歳) 68.4  23.6
H 8年(35歳) 70.6  24.4
H 9年(36歳) 73.5  25.3
H10年(37歳) 75.0  25.9 ※ いやはやf(^^;) ずっとデブだったですねぇ。
H11年(38歳) 73.6  25.3 これ以降プール通いを開始
H12年(39歳) 61.8  21.3 この頃はプールがメイン 秋に禁煙生活に入る
H13年(40歳) 63.6  21.8 プール+ジムの筋トレがメイン
H14年(41歳) 61.2  21.2 プールよりもジム、自宅周辺のランが中心になる
H15年(42歳) 66.1  22.9 この年の秋始めて10Kレースに出場
H16年(43歳) 63.9  22.1 年間通してランにはまった一年。
H17年(44歳)  ?   ?  多分今年もランにはまる一年に


始めてレースに出たのは、平成15年11月、10キロレースでした。
初レースの結果は50分47秒。
予想以上にタイムが良かったので、それ以来、ずっとレースにはまっています。

そういう意味では、勤務先の健康管理室および勤務の保健婦さん(保健師さん?)
に感謝です。
その間、20歳の頃からずっと吸い続けてきたタバコもやめて、こんなに身軽な身体に
変えてくれたのですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて何を書こうか…

40歳になってから始めた趣味がたくさんあります。
それまでは、せいぜいクルマ(箱根とか、山道中心に走る。
ワックスがけしていつもぴかぴかに磨いておく)とか、パソコン
(今となっては誰でも当たり前にやってますね。)程度だったで
すけど、40歳の頃、いろいろと新しいことを始ました。

自転車ツーリング:ロードレーサータイプの自転車で、主にヒル
クライムが好きです。最近はあまり乗っていないのですがね。

マラソン:これが今一番の趣味と言えるでしょうか。
自転車で身体を鍛えている時、「自転車に乗る十分な時間がな
い時でも、思い立ったらすぐその時から始められる。」と、家の周
りを走り始めました。H15年11月に始めて10キロレースに出てみ
たら、これが結構良いタイム。
以来、はまってます。

最新のレースはH17.3.20の荒川市民マラソン。(フルマラソン)
念願のサブフォー(4時間切り)を達成して、3時間51分58秒
(ネット)でゴールしました。
このカンゲキを知ってしまうと、当分やめられそうにありません。

ピアノ:スポーツ系と芸術系と。
ずっと前からやりたいと思っていたのですが、あるキッカケが
あり、平成12年から1年くらい習いました。
その後、一旦やめて、代わりに息子が習い始めたのですが、
彼が練習するのを
見ていて、「やっぱり続けたい」という思いが強くなって、
平成15年10月に再開。1年ちょっと続いています。
今は4月3日の発表会に向けて最後の追い込み。
課題曲はアテネオリンピックのテーマソングにもなった、ゆずの
「栄光の架橋」、そして息子との連弾です。


「仕事が大変だから。」
それまで積極的にチャレンジしてこなかったけど、やればできるし、
やっても、仕事との両立も意外とできるものなんですね。
オンとオフ、メリハリをつけて、どっちも一生懸命やる。

人生の午後になって、やっと発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログについて

「午後のBLOG」
…なんて、あややがCMをやっている紅茶みたいですけど。
紅茶とは全く関係がありません。
スイスの精神医学者ユングは、中年世代(一般には40〜65歳世代)を、
“人生の午後”と表現したそうです。
“人生の午後”…というと、なんとなく、人生後半戦で、終わりにどんどん
近づきつつあるようにも感じるのですが、そういう意味ではないんです。

午後になると、午前の陽の光に、影になっていた部分に陽が当たるよう
になって、それまで見えていなかったものが見えるようになってくる…、
ものの見方や視野が広がってくることをこのように表現したとか。

40歳のことを「不惑」なんていう風にも言いますね。
自分はまだまだその域には達してなくて迷ってばかりですが、それでも
今の時期になって新発見したことや、新しく考えるようになったこと、新
しく始めたことが、たくさんあります。

そんな今の自分を前向きに捉えながら、日々感じたことを書き残してい
こうかなぁ…
と思って、このBLOGを立ち上げてみました。

ちなみに、私、「りっき」といいます。初めまして。
「りっき」というハンドルは、「のりあき」という名前の一部からとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年4月 »